税金還付対象及び税金還付商品

海外観光客の中には、中国における滞在日数が183日以内の観光客が税金還付を受けられます。さらにその中には外国人や香港、マカオ、台湾同胞も税金還付対象となります。 中国税関総局の規定によれば、税金還付商品とは、観光客本人が海外の税金還付指定店舗で購入した税金還付範囲内の個人的な品物で、「中華人民共和国輸出入禁止、制限商品表」にある輸出入を禁止、制限する商品は対象外となります 。

税金還付できる条件及び還付率

1店舗の北京市内の外国人観光出国税還付指定店において、1人の海外観光客が同じ日に500元の品物を購入し、出国日が税金還付商品の購入日から90日以内であり、かつ購入商品が観光客本人の携帯または出国時の託送で運ばれます。 上述の条件を満たす場合、11%の税金還付を受けることができます。ただし、税金還付の代理機関は2%の手数料を徴収することになっており、観光客が得られる還付税金は商品価格の9%になります。例えば、500元の買い物をした場合、得られる還付税金は500*(11%-2%)=45元になります。

税金還付の申告及び税関による監査プロセス

外国人観光客が出国前に本人の有効なID及び税金還付商品を購入した付加価値税の一般領収書(付加価値税領収書システムのアップグレード版により発行される)を提示し、税金還付指定店から「出国税還付の申請書」をもらいます。 観光客が上述した「出国税還付の申請書」、領収書、購入した商品及び本人の有効IDを中国税関に提出し監査を受けます。首都国際空港第2ターミナル2階の国際出発エリアに出国税の税関監査所、 第3ターミナルCエリアEルートに海外運搬品の出国税の税関監査所、第3ターミナルEエリアに携帯する品物の出国税の税関監査所があります。

税金還付の受け取り及び税金還付方式

監査を受けた出国税申請書及び本人の有効IDを持って空港の税金還付機関で税金還付を受けます。首都国際空港第2ターミナルの税金還付機関は国際出発エリアT字路に、第3ターミナルの税金還付機関はE区域2階の監査所の東にあります。 人民元で税金還付します。還付税が10000元を超える場合、税金還付代理機関は銀行振り込みで還付します。10000元を超えない場合、旅客は税金還付代理機関からの現金または銀行振り込みのどちらかの受け取り方法を選択します。

税金還付の流れ

出国税還付指定店で買い物する

出国税還付申請書をもらう

T2或いはT3ターミナルに行く

T2/T3ターミナルに行く

税関による監査

連携監査手続き

税金還付の受け取り